MENU
写真:横井 宣雄

横井 宣雄

営業部 次長
1996年 入社
商船学部 商船システム学課程 機関学コース

私の仕事観
ここで学ぶ全てが新鮮。
案件に関わる全ての人との
ふれあいが仕事の楽しさ。
  • 機関(エンジン)技師12年、総務部・検査課(船舶の法律の担当)を4年経て、営業課に異動になって4年です。
    修繕のためドック入りする船について事前に社内外での打ち合わせ、見積書作成、時に海外からメールの問い合わせに英語で答えることもあります。

  • 船は人が造ることができる中で、一番大きい物。
    その仕事に携わることに惹かれ、入社を決めました。
    大学ではいかにモノを動かすか、という視点でしたが、三和ドックではいかに修繕のために最小単位にものモノをバラすかという視点が真新しく、ワクワクしました。

  • 仕事の楽しさは、法に適合するような修理方法を提案し、お客様の希望通りにうまく事が運び、再び出航できる状態でドックを出ていく姿をみること、そしてやはりお客様の満足でしょうか。
    のびのびとした、自分の考えを出しやすい雰囲気はどの部署でも同じです。
    20年前からその社風は変わっていないように思います。
    また、ドック入りする船の船員さんとのコミュニケーションは一番大事です。
    加えてメーカーさん、自社の従業員500名余り*と対話して進めていく… そこに楽しみを感じることができれば、その方にとってやりがいのある仕事になるのではないでしょうか。